読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわあ

今日は筆記試験が終わってから待ち合わせて新宿御苑でビール飲みながら話しながらお花見して、学校にいった。

四年にして初めてとったテーマカレッジ。これで今日から長谷川先生のゼミ生。嬉しくて鼻血出そう。
長谷川先生は横浜の人形の家をつくられた建築家です。初回の授業はサイードを読むそうです。
長谷川先生が電磁波・紫煙過敏症で副都心線ホルムアルデヒド満載で怖くて乗れないって言ってるのが素敵だった。
「君には見覚えがあるよ」といって笑顔が提示されて、うわあってなった今日でした。

調理中

今、テレビで
「昔、うつ病患者は南イタリアに連れて行って回復させられたものだった」
ってやってて、そんなばかな!と思ったけど

確かに寒いとこに常時いると、特に我が故郷のような薄曇りの多い地域にいると
なんだかノスタルジックなきもちになりやすいような気もしないでもないな。

アルゼンチン在住の日系人も飲みの席で冗談で
「日本人の年間の自殺者3万人は一度アルゼンチンに来たらいいと思う」
って言ってた。
その言い方が、
「南米で陽気になろうぜ」的な発言ではなくて
「○○であらねばならない、というような共通の考えがなくてばらばらだから、
日本人が来たら肩の力がいい感じに抜けるかも」
という感じのしみじみした口調だったのが印象的だ。


今、角煮つくってるところ。


この4月から週3ペースでともに動く予定の子と、この間九段下で初めて会った。
野球選手の菊池雄星君に似てる。
逆に彼にとっても私はこれから新たに関わることになる人物のひとりだ。

今年東大の2年生で、父親サンシャイン牧場新聞の記者で署名記事も書いていると聞いたので
そのお父さんの名前をググって記事をいくつか読んでみた。
でも、自分の父親の記事なんて逆に子供は読むんだろうか。
まぁ人によるよね。

自分はお正月に父親修論を見たけれど、
子羊を
(1)絶食させる
(2)体内に〇〇(液状の薬品名)を注入し様子を見る
・・・ETC.
などのステップを積ませ、
サンプリングして十二指腸潰瘍の進行具合を見るものだった。
写真がグロテスク。
ちなみに、本当は牛で試したかったが、
最終的に修論完成の暁には
数頭の対象動物の命を奪うことになる=購入費は実費だったので
お金がなくて子羊で妥協したというが本当なのかどうか。

父親の先行研究の分類の綺麗さ、どこからどこまでが自分の研究の扱う範囲で、
どこまでを限界、天井とするかを設定するかの見極めがきちんとしている点が
やるなぁと思った。
取捨選択。私がとても苦手なことのひとつだ。


そういえば今朝、バイト先の人がに卒業式の袴の話をしたら
我ながら当日そんなに早起きできるだろうかぞっとした。
着付け、京王プラザホテルに5時半集合ですって。

髪型はどうしたらいいか、試着させてくれた人と話したけど、
短いからそのままのほうがいいわよといわれた。
でも何か頭に花みたいなやつつけたいな。

「今日は仏滅なので仏語試験はなしです」

とか先生が言ってくれたらいいのになー。

昨日、黒井健展に行ったら、思ったよりずっと場所が広くてゆっくり見て回ったから三時間もかかった。
「猫の事務所」という絵本があって、(ジブリみたい)それがとても、絵も良いし出てくるかま猫の哀愁がとてつもなく可愛いかった。
かま猫は、暖炉の中でどうしても眠りたがるのでいつも煤がついて黒いので事務所の先輩書記に全く不等に差別されてしまう。
先輩の落としたお弁当を拾ってあげたら「お前、俺に落ちたもの食えっていうのかよ」って言われたり。
でも僕は土甬の寒い日に生まれたから、皮がうすいんです。だから暖炉の中じゃないと寒くて眠れないんです…って、これ作者は宮沢賢治なんだけど賢治が学校に勤めていて辞める直前に自分の経験を基に書いたものみたいで…風刺っぽいな。

仏滅っていうか、仏語によって自分が滅されてしまう日が今日だな。(うまくない)
今日が先勝なのか友引なのかさだかではないけれど。

ジャンプさえも

バイト中。

昨今では、少年漫画もビニール紐で立ち読みできないようになされているのか。
びっくりしてショックだった。だから、ジャンプもモーニングも立ち読めなかった。モーニングは買うか。表紙、島耕作だし。

明日から、インターン絡みの合宿に行ってきます。その後は、ゼミ合宿がインフルで中止になったので猿の島にも行けることになった。嬉し。


このあいだの帰り道に買って以来、深刻なドラクエ病に罹り、ドラクエをしてないときは40分に一回くらい「ああドラクエしたい」と思うことをやめられない。それはともかく、今回ゲームにはまって気付いたんだけど、中高のときと今とではゲームをしてるときの自分の感覚はがらりと変わった。10代の頃は、人生の時間が無限にあるような気がしてて時間なんて関係なくゲームしまくってたけど、今ゲームしまくってると、残りわずかな命を燃やし尽くしているような気がして、時間がもったいない。
年をとったということだ。
村上春樹がエッセイの中で、語学を拾得することにあまり熱中しなくなったのは、自分の残りの人生の時間を考えると、あんまり何でもかんでも手を出すのも考え物だと思うようになったからだ、と書いてあった。「やがて哀しき外国語」だったかな、確か。
こういうふうに、自分の人生の段階の中でその度にいろんなことの優先度が低くなったり高くなったりしていくんだな。不思議。

上海フレンチトーストの夜

アイスと蜂蜜とバターの乗ったフレンチトーストの中にピーナッツときなこが入ってたら胸焼けしますよね。するよ、うん。
どこらへんが上海なんだろう。
先週の今ごろはちょうどインターンの用事で地元に帰ってて、市内で一緒に提携してくれる法人を探しにいってた。

結局、無事目星がついて今は今週までに出す予算と企画をつくってて、でも煮詰まって結局
mさんと、今日午後は高円寺をぐるぐる散歩した。

私は県の予算シートが、mさんは地元地域をフィールドにした企画書が書けなくて、チェンジして完成。「適材適所だね」とmさんが言ってた。なるほど。
集中力が切れて30分置きに私が「散歩したい」と言うと、一緒に高円寺のセレクトショップ巡りにつきあってくれた。架空ストアというお店でヘアゴムを買う。
あとプラネット3rdカフェ。

最近とても強く、よく思うんだけど、
ひとりの人が出来ることには限りがあって本当に、何事もその人がいてくれるからできることばかり。tさんが私と知り会えたことは運命だって言ってくれたから今ことが動いている。
何だか嬉しい、不思議な感じ。きちんと着地させられますように。

関係ないけどセブンのポテトなら数年は毎日食べれる気がする。
今帰宅。明日八丁堀。
とりあえず今から課題やりましょう。

チェブラーシカ、またの名を、ばったり倒れ屋さん(かわいい)

チェブラーシカの日本語意味は「ばったりたおれ屋さん」らしい。
七月からジブリ配給で放映されるらしい。                 
パンフにとてもアンニュイな目をした、コアラとくまの中間みたいなチェブラーシカが載っていたから、つい持って帰ってしまった。                                 **********************
チェブラーシカは、オレンジの箱に閉じこめられて、南の国からやってきました。動物園から受け入れを拒否され、今は街の隙間の電話ボックスで暮らしています    
**********************                         

これを知ったのは、昨日「パークアンドラブホテル」を見に行ったからだった。 正直、これまで外して外して外しまくってたところに、いきなりこれが来たから良すぎてびっくりする。                                             

かもめ食堂」や「めがね」を一回見る時間があったら、私はその二時間を「パークアンドラブホテル」を千回見るための時間の一部に充てたい、くらい。 ただ観てただけなのに、普段は売って歩きたいくらい有り余ってる体力が全部消耗するくらい疲れた。それだけ、面白かった。                                             
隙間と見せばと余裕(電話をもぎとる、『エントロピー』が倒れる、頬に手が当てられる、明かされないエントロピー、「人間だったら帰りなさい」) あまり関係ない話や、一番核心を見せるときの表し方や、全部暴き倒すわけでも逆に変にすべて謎のままにするでもなく、見せるとこだけ見せてあとはきっちり残しておく余裕みたいな余韻とか。                                            
窓の使われ方、自動ドアの音の使われ方、暗闇の使われ方が好き。              
でも一番好きなのは、経営者の主人公が常連客に「あなたは精子卵子、両方ね」って言われるところ。だから屋上に公園があるのかと勝手に解釈した。 いつまでもいつまでも終わらないでほしい映画でした。                                                    

全然関係ないけど、アンパンマンが敵に水をかけられたりやたら自分の顔を食べるよう促すのは、早く新しい顔を作ってもらうためな気がした。
やっぱり洗顔がままならない彼としても、一日一回は顔をきれいにしたいところなのに、完全な状態だと最悪カビが生えてくるまで放置されてしまうので、積極的に難関に向かっていって、新しいパンを焼き上げてもらっているのかもしれない。                                     
一緒にいった子が誕生日プレゼントとしてお洒落な爪切りをくれた。実用的なのに勿体無くて使いづらい。

それ以外はどうなってもいい

……………!!私、夢の中でもインターンしてた。                     

超最速でコピー機を操れるコピーの達人がいるから挨拶しに行くように言われて、
架空の電車に乗って、
なぜか温泉街にある長屋みたいなオフィスにいったら
そこに社長がいて、色々小さな用事を頼まれていたら達人に会いにいく時間がなくなったので、
急いで四番の部屋に行ったら、達人は眼鏡で首から社員証を下げた若い人で、名刺をもらった。                                    
次の瞬間にいきなり場所が深夜の馬場になって、入り組んだ建物の奥の部屋で風呂から上がって髪乾かしてたら扉の向こうで知り合いの会社員の人が待っていて、2人でピクニックをするも、
彼が作ってきたお弁当で、鶏を細かくサイコロ状にして塩胡椒で焼いたのを食べる毎にお金を払わなきゃいけない夢を見た。                                
                               

そして現実の社長からは、九月締め切りの学生懸賞論文を出したらどうかと言われた。

何が嫌だったかって、HPで確認したとき「何だ、受賞者はみんな有名なところの院生ばっかじゃん」と思った自分。
私にはまだ早いや、とかもし落ちてもこれなら仕方無いや、九月ってインターンが佳境にはいるしゼミ合宿もコンペ準備もあるし、 とかを瞬時に判断する速さに気づいて、
私は小物だなと思った。

今やらなきゃいつやるの?みたいな。だから今やろうと思います。                          
なんか、2日でできることを1日でやって身軽になれば2日目にはまた新しいことをやらせてもらえて知らない人や話に会えて、逆にだらだらかけたらそのぶん、何か見逃してしまう気がする。

だからもっともっと身軽に、すぐに何かをまた始められるように、いつまでもふらふらしてたい。

関係ないけど、昨日の夜に起きたことを今にして思えば、自分が傷つくのを楽しむということを生活の中心にしてる人はすごいなぁと思う。